シャンプーが合わない時の判断は?

一言で女性用抜け毛シャンプーと言っても様々な種類のものが売られています。
中に入っている洗浄成分や他の成分も各種様々です。

 

女性用の抜け毛シャンプーの効能や広告、ネットクチコミなどを見て、自分の頭皮や髪の毛に合ったシャンプーやなりたい髪に近づける様なシャンプーを選んでいると思いますが、その中には自分の頭皮や髪に相性が合わないシャンプーもあります。

 

では相性が合わないシャンプーを使うとどのような症状が現れてくるのでしょうか?

 

それは頭皮に現れてきます。

 

頭皮がかゆくなってくる、頭皮にプツプツとできものができてくる、頭皮がべたついてくる、頭皮のにおいが気になってくる、フケの量が多くなってくるなど、頭皮環境が悪化することによって様々な症状が出てきてしまいます。

 

さらに自分に合わないシャンプーを使い続けてしまうと、かゆさから、頭皮を掻いてしまったりして、頭皮が傷ついてしまったり、その傷から雑菌が繁殖して、さらにかゆみが強くなってしまうことにもなります。

 

また、脱脂力の強いシャンプーを使い続けていると、頭皮にとって必要な皮脂までも根こそぎ洗い流された結果、頭皮が炎症を起こしてしまい、抜け毛が増えたり、脱毛症を引き起こしてしまうこともあるのです。

 

シャンプーは毎日毎日地肌を洗う大切なものです。
たかがシャンプーと思って、安価なものや、成分を気にしないで使い続けていると気づいた時には、悲しいことになっているかもしれません。

 

現在は石油系洗浄成分シャンプーから、アミノ酸系シャンプーなど様々なタイプのシャンプーが出ています。
できるだけ自然由来の成分を使った、体に優しいシャンプーを選んであげると、合わない、ということには殆どなくなると思いますよ。