血行促進で抜け毛対策

私が薄毛に悩み始めたのは10代。
プールで遊びつかれて、友人とプールサイドでダベっている時でした。

 

薄毛に悩んでいらっしゃる方ならお分かりかと思われますが、髪は濡れると数十本ぐらいの毛の束になり、髪の毛で隠されていた地肌が露出します。

 

そこに夏の強い強い日差しが照りつけるのです。
そんな状態の私を見た友人が頭を指差しながら一言、「お前、超ハゲてんな(笑)」。・・・これがトラウマとなり、私と薄毛との戦いは始まったのです。

 

私の薄毛対策方法は徹底的に「血行促進」。
お風呂上りの育毛トニックとマッサージは欠かせません。
コツは「指の腹で優しく押すように」すること。

 

強くしすぎると頭皮が傷つき、そこに雑菌が入って炎症のような状態になってしまいます。
これでは逆効果です。あくまで優しく気持ちよく。

 

そして、入念なストレッチ。股割り、前屈、アキレス腱伸ばし、肩回し、首回し、全身の反り返しと体中のあらゆる所を伸ばします。
これをすると、まるでいままで堰き止められていた血流が、ドーッと流れるように感じるから不思議です。

 

仕事中もトイレなどで、気分転換も兼ねて、頭皮マッサージやストレッチしています。
一日中、血の巡りに気をつかっていることになりますね。

 

そのおかげか、このまま「若ハゲ街道をまっしぐら」するのかと思われた私の頭は、30代になっても何とか持ちこたえています。
それに肌ツヤもよくなっているのか、女子大生なんかと話をすると「え?30代なんですか?大学生かと思いましたぁ〜」なんてウレシイ間違いをしてくれます。

 

すべての不調は血行不良から―――そんなことが言われています。これからも血行促進にまい進していきますよ〜。