更年期の抜け毛対策はどうする

加齢とともに、歳を重ねるごとに髪のボリュームが減ってくることはよくある事です。
では、更年期になったら抜け毛対策はどうすればいいの?

 

髪の毛を育てる細胞は「毛母細胞」と言われ。その細胞の下にある血管から栄養分を吸収して髪の毛を作っています。

 

歳を重ねるごとに新陳代謝が低下してきたり、血の流れが悪くなったり、頭皮が乾燥しがちだったりする症状が見られます。

 

これは頭皮に限ったことではなく、体全体に起こってくる症状です。
いわゆる老化現象です。

 

この現象は40歳台や、50歳台の更年期に向かう時期に発生してきます。
早い人は更年期になる前の30歳台から始まる人もいるようです。

 

更年期になると頭皮の血流が悪くなり、新陳代謝が鈍り、乾燥しがちになってくると髪の毛の正常な発達が出来ないので、抜け毛が起きたり、髪の毛が細くなったり、ハリやコシが弱くなったりすることで髪の毛のボリュームが減ってくる、ということになります。

 

健康な髪の毛の発達には健康な頭皮作りが大切です。更年期だから、といってそのまま諦めて放置してしまってはその症状が進んで、薄毛となり悩みは深刻化していきますので、異常を感じた際には早めの対策が必要です。

 

更年期の抜け毛対策としては、頭皮を健康に保つシャンプーを正しいシャンプーの方法で使用する、という方法がオススメです。
もちろん、栄養バランスのとれた食事を心がけ、生活サイクルも規則正しく行う、ということも必要ですが、直接頭皮をケアしてあげる方法は効果的です。

 

頭皮を健康に保つシャンプーとは、抜け毛対策用のシャンプーです。

 

一般的に市販されているシャンプーの多くは、髪の毛の洗い上がりや手触りなどを重視しているので、髪の毛をコーティングするような成分や、洗浄力の強い成分が含まれているのでダメージを受けた頭皮にとってはマイナスです。

 

頭皮に優しい自然由来の成分を使用し、頭皮に良い作用をもたらすハーブやオイルを使用した商品を選んで、頭皮の傷つけないように、血行を良くするようなシャンプー方法でケアして下さい。

 

継続的なケアが頭皮の老化を防止してくれます。