カラーリングも抜け毛の原因なの?

オシャレには欠かすことのできないカラーリングですが・・・
カラーリングをすることも抜け毛の原因になるの?

 

カラーリングをした時、髪の毛が傷んでしまう、という経験はみなさんお持ちなのではないでしょうか?
しかし、カラーリングで傷んでしまった髪の毛が直接的に抜け毛の原因になることはありません。

 

問題はカラーリング剤が頭皮に影響を及ぼす事です。

 

カラーリング剤は年々改良されて、髪の毛を傷めないように=頭皮を傷めないように、進化してはいますが、まだまだ影響がゼロとは言えません。

 

特にブリーチによって髪の毛の色を脱色する際のブリーチ剤は髪の毛だけでなく、頭皮にも大きなダメージを与えています。
ダメージを受けた頭皮は、乾燥していたり、肌荒れを起こしてしまいます。

 

頭皮は健康な髪の毛を作る大切なものですので、この頭皮が傷んでしまっては、健康な髪の毛が育ちません。
細く痩せてしまった髪の毛は抜けやすくなります。

 

ヘアカラーやヘアマニキュアもブリーチ剤ほどではありませんが、頭皮に付くことで悪影響を及ぼしてしまいます。
カラーリングを行った際には、髪の毛だけでなく、頭皮のケアをしっかりと行うことが抜け毛を防ぐために必要です。

 

カラーリングを行ったら、頭皮を労わるように優しく洗ってあげること、刺激の強い界面活性剤のシャンプーではなく、アミノ酸系のシャンプーを使うことがオススメです。

 

頭皮についたカラーリング剤を落としながら、ダメージを受けた頭皮をケアしてあげること、これがカラーリングした後の抜け毛を防ぐポイントです。