お風呂の後抜け毛が増えるって本当?

お風呂の後濡れた髪のままでいると抜け毛が増える可能性があります。
お風呂で髪や頭皮をきれいに洗った後に、濡れた髪の毛をそのままにしてしまっている方はいませんか。

 

頭皮を濡れたままの状態にしていると、適度な温度と水分で、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

頭皮に雑菌が繁殖してしまうと、毛穴に炎症が起こり、髪の毛が抜けやすくなってしまったり、かゆみやプツプツ、湿疹ができてしまったり、嫌な臭いやフケの原因にもなってしまうこともあります。

 

頭皮に異常が発生すると、それはゆくゆくは抜け毛の原因になってきます。
お風呂上がりは、軽くタオルドライしたら、その後に早くドライヤーで、髪を乾かしましょう。

 

その際に、注意しなくてはいけないことは、髪の毛を乾かすのではなくて、頭皮を乾かすということです。
ドライヤーの風を30センチくらい離したところから、頭皮にまんべんなく当てて乾かしていきましょう。

 

耳の後ろのところなどは、乾かしにくいので、手でかきわけて、ドライヤーの風が当たる様にしてみてください。

 

頭皮がしっかり乾いたら、次は髪の毛をドライヤーを下方向に向けて、乾かしていきます。
頭皮がしっかり乾いていれば、髪の毛は8割くらい乾かせばOKです。

 

乾かしすぎると、乾燥しすぎてしまい、髪の痛みの原因にもなってしまうので注意して下さいね。
最後に、冷風にして、頭皮の蒸れを防ぎ、髪の毛の表面を上から下へと冷風を当てて、キューティクルの流れをそろえて、ドライヤーは完了です。

 

清潔な頭皮のためにも、お風呂上がりはできるだけ早めに頭皮や髪を乾かす様に習慣づけれるといいですね。